田舎で働く美容師の日記



美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)

 和紙の里として知られる岐阜県美濃市で10日、「美濃まつり」が開幕した。ピンクの和紙で飾った「花みこし」が華やかに練り歩き、昔ながらの防火壁、うだつの上がる町並みに春本番を告げた。

 花みこしは大人みこしと子供みこしを合わせて31基。ピンクに染めた和紙を長さ約3メートルの竹に花びらのように飾り、それぞれのみこしに200〜300本取り付けた。大人みこしの重さは300キロ前後にもなる。法被姿の担ぎ手が「オイサ、オイサ」の力強い掛け声とともに担ぎ上げると、和紙の花が大きく揺れた。

 最終日の11日は、県指定重要文化財の山車6台の巡行がある。【山盛均】

【アニマル写真館】「カリフォルニアアシカ」京都市動物園(産経新聞)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
余部鉄橋に代わる新橋梁、8月に供用開始(産経新聞)
<飛行船>東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
[PR]
by l35mapjhzt | 2010-04-13 09:34
<< 女子中学生にも性的暴行容疑=英... 自民、5月決着先送りなら首相退... >>


美容師の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧